理想のまぶたに|見た目を害す老人性イボは切除するに限る!

見た目を害す老人性イボは切除するに限る!

レディー

理想のまぶたに

女の人

3種類の手術方法を用意

大塚美容外科では、患者のまぶたの状態に合わせて、3種類の手術方法を用意しています。一重まぶたの人の中には、二重のラインが付きにくい人と付きやすい人が存在します。そのうえ、奥二重の場合は、微妙な具合で縫い留める必要があります。そこで、大塚美容外科では、3種類の手術の中から、患者にとって最も適切な内容を選択できるようにしています。これによって、くっきりしたラインで、取れにくい二重まぶたを形成できるメリットがあります。二重のラインが定着しやすい人や、奥二重の人は、イージースクエア法が適しています。これは、まぶたの一点を縫い留めるだけなので、約5分で終了します。また、埋没法では二重にならないと判断した場合は、連結法を用います。連結法は、まぶたにたるみがある人にも向対応可能です。

特殊な針を使用しています

大塚美容外科の二重まぶた手術の豆知識は、独自に開発した特殊な針を使用していることです。この針は、先端が丸いため、皮膚の組織を傷つけません。そのため、腫れにくい特徴があります。また、糸を通す部分を、平らに仕上げています。よって、手術時の痛みを最大限に抑えられます。そして、無痛で二重まぶた手術を受けたい人には、麻酔を用意しています。大塚美容外科で使用している麻酔針は、直径0.2ミリメートルの細さなので、穿刺通を感じません。さらに、麻酔の注入の仕方にもこだわっています。それでも、傷みに不安がある人には、点眼麻酔を用います。そうすれば、まぶたの感覚がなくなってから麻酔を注射する形になるので、痛みを完全に排除できます。少しずつにくくなっています。